サムライグローバルオープンイノベーション

海外スタートアップとの
オープンイノベーション・共同開発を
成功に導く

日本企業の課題をオープンイノベーションで解決。
ベストな協業先となる海外スタートアップを発掘し、
成果にこだわった伴走型支援共創・DXを実現します。

海外スタートアップとの
オープンイノベーション・共同開発を
成功に導く

日本企業の課題をオープンイノベーションで解決。
ベストな協業先となる海外スタートアップを発掘し、
成果にこだわった伴走型支援共創・DXを実現します。

海外スタートアップとの
オープンイノベーション・共同開発を
成功に導く

日本企業の課題をオープンイノベーションで解決。
ベストな協業先となる海外スタートアップを発掘し、
成果にこだわった伴走型支援共創・DXを実現します。
成功事例集・無料相談はこちら ▼

圧倒的な実現力!
サムライインキュベートのオープンイノベーション支援とは

日本・イスラエル・アフリカ・中国に拠点を持つ
日本発のグローバルベンチャーキャピタル兼アクセラレーター
であるサムライインキュベートが、過去のナレッジを集積し、
世界のパートナー企業と連携して、
日本起点のグローバルイノベーションを急加速する
プラットフォームを日本企業向けに提供します。

こんな課題はありませんか?
オープンイノベーションが失敗に終わる共通点

  1. 自社の求めるテーマにおいて世界最先端の技術・サービスがどれなのか、どこにあるか分からない。
  2. 海外の急成長市場をスタートアップと開拓したいが、どうアプローチしたらいいか分からない。
  3. スタートアップと組んでみたけどどれも協業が上手く進まない。何が原因かわからない。
成功事例集・無料相談はこちら ▼

本サービスの方針

グローバル横断で日本企業の
オープンイノベーションを支援

実施パターン

グローバルオープンイノベーションの取り組みパターン

1新事業アイデアの創出

NEW BUSINESS

グローバルのイノベーション都市横断で貴社のニーズに合うスタートアップ探索や新規アイデア創出。

2先端テクノロジーの調達

TECHNOLOGY

貴社の事業・製品のアップデートに必要となるテクノロジーをグローバル横断で探索

3成長市場への参入・拡大

MARKET

貴社の攻めたいエリア・顧客層で急成長するスタートアップと連携し市場拡大やデータ獲得。

SAMURAI GLOBAL OPEN INNOVATION PROGRAM

STAGE.1

スタートアップ
マッチアップ

1 海外スタートアップ
トレンドインプット

貴社の対象領域における世界のスタートアップトレンドをリサーチし、最新の先端状況を把握。テーマ設定・アセット整理。

2 テーマ設定・
アセット整理

1.を踏まえ、イノベーションテーマを具体化・アップデートし事業開発に活用できる自社のアセットを整理。

3 スタートアップリサーチ・
スカウト

設定したテーマに沿って、連携対象になる有望スタートアップをグローバル横断で探索。

4 スタートアップ議論・
絞り込み

ニーズの折り合ったスタートアップと議論を通じ連携先を複数に絞り込み。

5 協業アイデア抽出

選定した複数のスタートアップと議論を深め、共同ビジネスのアイデアを具体化。

STAGE.2

共同プロダクト開発

1 協業モデル具体化

各スタートアップと目指すビジョンや初期のビジネスモデル仮説を策定。

2 クイックプロトタイピング /
アセット相互連携

コア機能のみを実現するプロトタイプを構築し、実現方針を検証。

3 1st PoC(ニーズ実証)

仮想プロダクトを構築し、実際の顧客候補との対話を通じてニーズを実証。

4 2nd PoC
初期プロダクト実証

顧客との対話を通じ、技術・製品を段階的に検証をしながらプロダクト開発。

5 PoB
市場・ビジネス検証

β版を市場へ投入し、実際の販売を通じてプロダクト・サービス・コストを精緻化。

STAGE.3

マーケットグロース

1 マーケティング戦略策定

拡販に向け、対象市場やアップセル/クロスセルのシナリオと実施方針を策定

2 販売パートナー開拓

対象顧客に合わせて現地のチャネルパートナーと交渉

3 事業計画策定

本格的な販売に向け、財務・体制面も含めた中長期計画の仮説を設定

4 オペレーション体制の確立

計画に沿って、初期の事業・販売・生産体制を構築

5 拡販・ビジネスPDCA

拡大販売をスタートし、顧客の定量・定性データを集めてビジネスをPDCAを回しながら拡大

オープンイノベーションを実現させる
サムライ独自のナレッジツール

スタートアップデータベース

Global Startup Data Base

スタートアップデータベース
  • 戦略策定
  • 技術発掘
  • アイディア創出

グローバル規模によるスタートアップ探索/技術探索のためのデータベース。新規事業アイディア創出の参考にも活用。

スタートアップ探索ネットワーク

Business Development Manual

新規事業開発マニュアル
  • 技術発掘
  • 新規事業開発

海外スタートアップの探索にあたって、現地でのアプローチや、アクセラレータのメンター、審査員などの役割を果たす。

スタートアップ
分析/評価シート

Global Partner Network

海外オープンイノベーションパートナー
  • スタートアップ探索
  • 協業先選定

協業・共同開発を図る海外スタートアップとの親和性の高さに関する目利き。確度の高い共同開発を実現するための審査。

新規事業共創
マニュアル

Startup Evaluation TooL

スタートアップ分析
  • 新規事業開発
  • 共同開発

海外スタートアップと協業・共同開発を進めるにあたって、その新規事業を成功に導くためのプログラムやマニュアル資料。

PoCプラットフォーム

PoC Platform

PcCプラットフォーム
  • 新規事業開発
  • 共同開発

協業によって立ち上げる新規事業案の確度の高さを、一般ユーザへの検証によって確かめる仕組み。広告効果管理ツール

組織構築
フレームワーク

Innovation Flame Work

イノベーションプログラム
  • 新規事業開発
  • 組織開発

新規事業のリリース、エグゼキューションするフェーズにおける、組織体制のあり方や組織力向上のためのフレームワーク

成功事例集・無料相談はこちら ▼

サムライインキュベート事業概要

グローバルで「スタートアップ&大企業」の双方に
立上げからEXITまで一気通貫で事業創造を支援

スタートアップ向け

シードスタートアップ
インキュベーション

これまで日本・イスラエル・アフリカの先端技術・ビジネスへ約160社への投資・育成

スタートアップ向け
新価値
大企業向け

オープンイノベーション
支援

事業創造力とスタートアップネットワークでグローバルでの新事業創出を支援

大企業向け

サムライインキュベートのグローバル連携体制

海外オープンイノベーション体制

MEMBER

主要メンバー

成瀬 功一
KOICHI NARUSE
  • グローバル事業責任者
  • 執行役員
富樫 憲之
YOSHIYUKI TOGASHI
  • 日本事業責任者
SHIRLEY BINDER
  • イスラエル事業責任者
米山 怜奈
RENA YONEYAMA
  • アフリカ事業責任者
傅浩丰
FU HAOFENG
  • 中国事業責任者
佐藤 建明
TATEAKI SATO
  • アメリカ事業責任者
宿輪 大地
DAICHI SHUKUWA
  • シニアマネージャー
武田 理沙
RISA TAKEDA
  • チームリーダー
佐藤 亮
RYO SATO
  • チームリーダー

■ なぜ今、大企業が「グローバル・オープンイノベーション」に取り組むのか?
成瀬登壇イベントレポートはこちらから↓

オープンイノベーションイベント1

■ サムライインキュベート 成瀬が考える日本流のイノベーションとは。
記事はこちらから↓

オープンイノベーションイベント2

エリア別の詳細サービス紹介

※各エリアの詳細ページへ遷移します。

CONTACT

お問合せ

問合せ内容必須
会社名必須
部署名必須
お名前必須
メールアドレス必須
質問事項

よくあるご質問

Q. 具体的な支援内容は、企業ごとの状況によって変わりますか?
オープンイノベーションや新規事業開発の支援内容は、企業様の状況によって異なります。具体的な支援内容や他社の成功事例などを、お打合せの中でご紹介可能ですので、先ずは「無料相談」をご利用ください。
Q. 海外スタートアップ連携の事例を知りたいです。
海外のスタートアップと協業や共同開発の「事例集」を、無料でダウンロードいただけます。もちろん事例集に掲載されていない事例もございますため、気になる業種やテーマがございましたら直接お問い合わせください。
Q. どのタイミングから費用が発生しますか?
ご支援内容が決まるまで、一切費用は発生いたしません。海外スタートアップとの共同開発に向けての現状ヒアリングやご支援内容の説明、ご提案に関するまで費用は発生しません。お気軽にご相談ください。
Q. どんな企業にとってメリットや効果がありますか?
海外の最先端技術をお探しの企業様、自社アセットを別領域で活かして新規事業を作りたい企業様は、具体的な事例を参考に共同開発を推進できるというメリットがあります。また既存事業の競争力向上においても効果があります。
Q. 既存の外部委託先と連携することは可能ですか?
可能です。スタートアップのリサーチやアプローチ等を行ってる業者様と連携しつつ、サムライインキュベートの共同開発や新規事業立ち上げのスキームをご活用いただくケースも多くございます。